HOME » ニュース・お知らせ » 平成30(2018)年度 機能性表示食品開発支援事業の実施とアンケートのお願い

平成30(2018)年度 機能性表示食品開発支援事業の実施とアンケートのお願い

 平成27(2015)年4月から、機能性表示食品制度が始まり、消費者庁に科学的根拠などの必要事項を届け出ることで、
商品に健康の維持及び増進に役立つ食品の機能性(「おなかの調子を整えます」、「脂肪の吸収をおだやかにします」な
ど)が表示できるようになりました。既に機能性表示食品制度を活用した商品は、差別化が図られ、売り上げ拡大につな
がっています。
 しかしながら、中小企業にとって、活用する機能性成分の選択、届出に必要な科学的根拠を作成することは、専門性
が高く、商品開発のハードルとなっています。
 県では、専門家による個別相談会を行い、高付加価値商品の開発を促進します。
 支援事業を行うにあたって、支援希望企業を把握したいため、アンケートの回答をよろしくお願いします。

□内容     
 ・対象者:フードバレーとちぎ推進協議会員
 ・実施方法:高機能・高付加価値食品開発研究部会と連携し、活用する機能性成分の検討、販路開拓、届出の仕方等
                      を個別相談会により支援
 ・支援事業者数:3事業者程度
 ・その他:商品化された機能性表示食品は、展示・商談会(※)を支援(予定)
        (※) スーパーマーケット・トレードショー、FOODEX JAPAN など

□事業の概要
 事業の概要をご覧ください。

□アンケートの回答方法
 アンケートは、メール (food@pref.tochigi.lg.jp) 又はFAXで送付してください。
 アンケートにお答えいただいた企業には、県から連絡をさせていただく場合があります。

□アンケート締切
 平成30(2018)年6月29日(金)

□問い合わせ先
 栃木県 産業労働観光部 産業政策課 フードバレーチーム
 TEL: 028-623-3203  FAX: 028-623-3167  E-mail: food@pref.tochigi.lg.jp