HOME » ニュース・お知らせ » 第1回食用麦需要拡大研究分科会(栃木県もち麦研究会)の御案内【協議会事業】

第1回食用麦需要拡大研究分科会(栃木県もち麦研究会)の御案内【協議会事業】

 近年、国産志向の高まりを受け、主食用途麦や麦茶用途大麦等について 実需者からの要望が高まっており、特に、水溶性食物繊維『β-グルカン』 を含むもち性の主食用途品種(以下、「もち麦」)の需要が伸びています。

そこで、本県オリジナル品種「もち絹香」の普及拡大に向けて、もち麦の 持つ機能性について生産者や食品産業等への理解促進を深めるため、食用 麦需要拡大研究分科会(栃木県もち麦研究会)を開催します。

「もち絹香」の特性・栽培技術について
 栃木県農業試験場、栃木県経 営技術課
 基調講演:「大麦のβ-グルカンの機能性について」
 大妻女子大学 青 江誠一郎 氏
 企画展示:もち麦利用商品展示、試食会

(案内) http://www.iri.pref.tochigi.lg.jp/dl_data/food/kaisai_mochimugi.pdf
(申込書) http://www.iri.pref.tochigi.lg.jp/dl_data/food/mochimugi_entry.docx

□日時
平成31(2019)年2月5日(火曜日) 13:30~16:00(申込締切:1月23日(水曜日 ))

□場所
栃木県農業試験場 多目的ホール(宇都宮市瓦谷町1080)

□問合せ先(申込み先)
栃木県農政部生産振興課 農産担当 竹澤
 ○参加申込書に御記入の上、FAX又はE-mailにてお申込みください。
FAX:028-623-2335 E-mail:u-takezawac01@pref.tochigi.lg.jp