HOME » トピックス » 第3回ゆうがお需要拡大研究分科会を開催しました

第3回ゆうがお需要拡大研究分科会を開催しました

8月4日(土)に、壬生町で開催された「とちぎ・かんぴょう伝来300年記念大会」にあ
わせて、第3回分科会を開催しました。

【第3回】
 8月4日(土)に、壬生町で開催された「とちぎ・かんぴょう伝来300年記念大会」の会
場で、フードバレーとちぎ推進協議会のブースを設置し、「第3回分科会」を開催しました。
 協議会会員6企業・団体が参加し、「ゆうがお」や「かんぴょう」を活用した料理や関連
商品の展示・販売を行いました。


    会場風景       ゆうがお分科会の紹介    かんぴょう関連商品
                               展示・販売


【第2回】
 7月17日(火)に、「第2回分科会」を開催しました。
 農業者や食品関連事業者、塩原温泉の関係者など70名が参加し、ゆうがおを使った料理方
法の提案や「かんぴょうカレー」や「ゆず夕顔」などの試作品・商品の試食、意見交換を行
いました。


   料理方法の提案     ゆうがおヘルシー弁当   試作品「ゆず夕顔」、
               の紹介          「うめ夕顔」の紹介


【第1回】
 本県にかんぴょうが伝来して300年となることを契機に、かんぴょうやその原料となる
「ゆうがお」を活用した新メニュー・新商品の開発機運が高まっていることから、かんぴょ
う・ゆうがおの新たな用途拡大に向けた利用方法や栽培方法などについて研究を行うため、
6月12日(火)に「第1回ゆうがお需要拡大研究分科会」を開催しました。
 農業者や食品関連事業者など47名が参加し、「かんぴょうプロジェクト300」の取組な
どのゆうがおに関する各団体の取組状況や当分科会の活動計画の検討、情報交換、ゆうがお
圃場の見学を行いました。


  商品・試作品の紹介   ゆうがおを使った「あんかけ   ゆうがお圃場見学
              うどん」の紹介・試食
 

分科会の詳細については、こちらをご覧ください。