HOME » トピックス » 第2回高機能・高付加価値食品開発研究部会を開催しました

第2回高機能・高付加価値食品開発研究部会を開催しました

 9月17日(火)に、「第2回部会」を開催し、「首都圏で販路拡大を計画する際の留意
点と開拓ノウハウ」に関するセミナーや、試作品等検討会を行いました。

【第2回】※乳酸菌活用分科会及び機能性活用分科会との同時開催
 9月17日(火)に、「第2回部会」を開催しました。
 食品関連事業者など41名が参加し、栃木県企業誘致・県産品(とちぎのいいもの)販売
推進本部の折田喜生氏による「首都圏で販路開拓を計画する際の留意点と開拓ノウハウ」を
題材としたセミナーや、宇都宮文星短期大学の藤生恵子准教授と湯澤敏子准教授をアドバイ
ザーとして試作品等検討会などを行いました。
   
栃木県企業誘致・県産品販売      試作品等情報交換
推進本部の折田氏によるセミナー


【第1回】※乳酸菌活用分科会及び機能性活用分科会との同時開催
 6月6日(木)に、県産農産物等に含まれる機能性成分の活用や商品の高付加価値化によ
る取組を促進するため、「第1回高機能・高付加価値食品開発研究部会」を開催しました。
 食品関連事業者など39名が参加し、(独)農業・食品産業技術総合研究機構の山本万里
氏による「地域食材の機能性を活用した食品開発について」を題材としたセミナーや、今年
度の活動計画の検討、情報交換を行いました。
   
(独)農業・食品産業技術         情報交換
 総合研究機構の山本氏
 によるセミナー